アゴにできる大人ニキビの改善法

アゴにできる大人ニキビの改善法

大人になるとフェイスラインにたくさんニキビができるようになります。アゴも皮脂腺が多いので、ニキビができやすいパーツの一つですが、つい手で触ったりして刺激を与えがちなので、なかなか治りにくい部位と言えます。

 

アゴにできる大人ニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れや乾燥によるもので、アゴはTゾーンと比べると皮脂の分泌が少ないので、保湿が足りていないと乾燥によるニキビが発生します。

 

また、睡眠時間が十分でなかったり、偏った食生活を続けているとホルモンバランスが乱れ、大人ニキビの大量発生に繋がるので、生活習慣の見直しも大切です。

 

改善法としては、正しいスキンケアを行うことで、帰宅後はすぐに洗顔料やクレンジングで皮脂汚れやメイクの汚れを落として、乾燥から肌を守るためにビタミンC誘導体やイオウ、グリチルリチン酸など有効成分が含まれた化粧水を使うことがおすすめです。

 

正しいスキンケアと並行して、睡眠時間を十分に取ったり、油分の多い食品を控えてビタミンCを多く含む野菜や果物中心の食生活を送ることで、肌のターンオーバーが正常に働くようになるので、新しい綺麗な皮膚が再生されて、次第に大人ニキビが改善されていきます。

 

 

大人ニキビがあごにできた場合には肌ケア

大人ニキビに悩む方は、原因を把握することも大切です。さまざまな原因が挙げられますが、あごに大人ニキビができるという場合には、あごは毛穴が比較的小さく詰まりやすい傾向があり、そのため、肌が不衛生な状態や皮脂の分泌量が多い状態では、ニキビができやすい傾向があります。

 

生活状況を見直してみることや肌が不衛生な状態でないか自分の生活をチェックしてみること、改善点がある場合には自分なりに改善策を見つけることも必要です。

 

また、肌ケアとして化粧品で肌の保湿をしていくことも対策につながります。ただし、ニキビができてる状態では、成分が刺激となりニキビを刺激することもあります。そのため、化粧品おで肌ケアをするなら低刺激なタイプの保湿を重視した成分の含まれる化粧品でケアしていくことが大切です。

 

きれいな肌を維持するために肌ケアをしていくことは重要ですが、大人ニキビなどができている状態は、肌環境があまりいい状態とはいえません。その状態から少しでも状態を回復させる必要があるため、自分なりにいろいろと対策をしていくことで、大人ニキビからの回復を早めるように心がけることが大切です。

 

保湿を重視することで、肌の乾燥を防ぎ潤いを与えることで肌の状態を改善していきましょう。

 

⇒ビーグレンを試してみたい方はこちら